2015年2月27日金曜日

阿南市上級(消防)

TAC警察官消防官・速修本科生
西野 真悟さん(28歳)

合格:阿南市上級(消防)
内定:阿南市上級(消防)

【TACを選んだ理由】
大学を卒業後や社会人を経験しているのであれば、ここが一番良いと思います。

【受験動機】
幼い頃から消防士は憧れでした。最初は消防士の職務についての知識は曖昧でしたが、救急救命士の学校で学んだり、TACの講義での話を聞く内に知識が広がり、更に意欲が高まりました。

【学習期間や一日の学習時間と、筆記試験対策】
学習期間は8カ月で、一日の学習時間は9時間~13時間くらいです。
阿南は一次試験から体力検査があるので、もう少し勉強量を減らして、体力作りに回してもいいかもしれません。
対策としては、勉強も体力も並行しておこなうということです。疲れてきたら、体を休ませるのもいいのですが、一日休むと感覚が鈍るので、できれば最低一時間づつ勉強と筋トレをする習慣をつけると、次の日が楽になります。

【TACの教材の中でお勧め】
最初の何カ月かでの講義のレジュメを後で見直しやすいように書き込んで編集すると、後々見やすくなります。
レジュメが終わるとV問題集を使うのがオススメです。過去問をひたすら解いて間違えたところを編集したレジュメとテキストを使って復習します。

【面接・集団討論など二次・三次対策について】
面接官は、厳しくキツい表情で質問をしてくるかもしれませんが、それらも全て私たち受験生の反応を見るための演技です。
臆してしまいそうになるでしょうが、不安な顔を見せてはいけません。逆に自然な笑顔で返して、明るく丁寧に答えましょう。

【TAC徳島校の良かったところ】
1. 駅に近い
2. 美しいお店が多い
3. 勉強に集中しやすい環境

【この合格体験記のタイトル】
『経験に勝るもの無し。』

【今回の最終合格・内定の決め手】
継続することだと思います。

【これから受験される方へアドバイス】
毎日同じことをやっていると疲れも出てくるので、必ずどこかで息抜きをしてください。

【最後に一言】
どんな状況下でもあきらめないことが消防士を目指す上で必要になってくると思います。受験も同じですので、テスト中でも試験がうまくいかなくても、最後の最後、ギリギリまであきらめない強い心を持ってください。

0 件のコメント:

コメントを投稿