2015年2月27日金曜日

徳島県警察官B男性内定者

穴吹カレッジキャリアアップスクール公務員講座 受講生 
友成 航輝さん(18歳)

合格:徳島県警察官B男性
内定:徳島県警察官B男性

【この合格体験記のタイトル】
絶対に警察官exclamation1

【穴吹カレッジの良かったところ】
1.受講生全員が常に真剣に取り組んでいて、とても勉強する気になれる環境でした。
2.模擬面接や論文の添削をとても丁寧にしてくれました。
3.わからないところを質問すると、わかりやすく解説をしてくれました。
 また、島野先生や岸先生の授業は、とてもわかりやすく楽しい授業でした。

【面接・集団討論など二次・三次対策について】
私は、面接試験が近づくにつれて、とても不安でした。
しかし、島野先生や岸先生に適切な応答の仕方など一から教えていただき、とても自信がつきました。私は、面接対策は模擬面接のみでしたが、それで十分だと思います。
面接・論文の両方に共通することですが、日頃からニュースや新聞は見ておくべきです。面接で質問された時や、論文のネタとしても役立ちます。
論文対策では、私はあえて自分が書きづらいテーマを選び、練習しました。

【学習期間や一日の学習時間と、筆記(一次)試験対策】
私が本格的に勉強を始めたのは、4月からです。
平日は学校もあったので、月~金は一日3~4時間程度でした。土日は、7~8時間していました。
主に、7月までは文章理解・数的処理をしていました。夏休みに入ってからは、毎日一般知識を勉強しました。
数的処理は、毎日するべきです。また、理科・社会は、地図帳や資料集を併用することをオススメします。
わからないことは、すぐに島野先生・岸先生に質問しましょう。

【改めて振り返ると、今回の最終合格・内定の決めては、何だったと思われますか】
自信を常に持って試験に挑んだことだと思います。
一次試験から三次試験まで、自分が今までやってきたことを信じてきました。その気持ちが最終合格・内定に結びついたと思います。
また、面接では、自分の意志や元気良さを精一杯に伝えることが大切だと思います。

【受験動機】
私は、徳島で生まれ育ち、徳島はとても平和であると感じ、いつまでも守り続けたいと思いました。また、私の「間違ったことは許せない」という性格が、警察官に適していると感じました。
この二つの点から、徳島県警しかないと思い、受験しました。

【徳島校受付窓口での応対】
大変良かったです。
書類の提出や呼び出しをお願いしても、とても丁寧な対応をしてくれました。
あいさつや「お疲れ様です」など声掛けをしていただき、いつも雰囲気の良い場所でした。

【これから受験される方へアドバイス】
公務員は、とても狭き門です。しかし、諦めなければ、必ず合格にたどりつけると思います。
教科数も多いですが、本気になれば可能です。
公務員になる夢を叶えるためにも、学科・論文・面接に全力で取り組んてください。
合格を期待しています。

【最後に一言】
私は、警察官になるという思いを、絶対に諦めませんでした。
膨大な勉強量に、時には苦しいこともありましたが、先生方の支えや、他の受講生の姿に刺激を受け、合格まで走り抜くことができました。
私は、努力は絶対に報われるということを実感できました。警察官として、これから徳島に貢献できるように頑張りたいと思います。
島野先生、岸先生、徳島校の方々、本当にありがとうございました。

0 件のコメント:

コメントを投稿