2015年2月27日金曜日

東京都1類B(行政一般)内定者

TAC地方上級・国家2種・総合本科生
D.M.さん(27歳)

合格:東京都1類B(行政一般)・武蔵野市大卒程度(一般事務)
内定:東京都1類B(行政一般)

【この合格体験記にズバリ、タイトルをつけるとすると?】
諦めず、TACを信じて勝ち取った合格。

【TACの教材でお勧め】
おすすめ教材:V問題集・専門記述対策レジュメ・時事対策レジュメ
活用法:V問は繰り返し解き正答率を上げていく。専門記述対策は、論点構成を作成し暗記。時事対策は、試験直前に読み込んだ。

【これから受験される方へアドバイス】
計画的に勉強すれば必ず報われると思います。

【徳島校の応対】
非常に親身に受講相談などに乗っていただいた。

【徳島校の良かったところ】
1. 自習室の開放時間や快適さ
2. 模擬面接の実施
3. 模試

【学習期間や一日の学習時間と、筆記試験対策】
学習期間:8カ月
学習時間:一日平均8~10時間
筆記試験対策:V問の演習と記述試験の論点構成を暗記

【面接・集団討論など二次・三次対策】
面接では、自己分析と政策を調べた。さらに、面接対策レジュメを用い、想定問答集を作成した。面接時に提出する面接シートに沿って想定問答を考えたり、矛盾点のないように気をつけることが大切。

【受験動機】
かねてから都政に携わりたいと考えていたから(都市整備、社会福祉、教育など)。

【今回の最終合格・内定の決め手】
直前期に、択一試験の追い込みをし(自然科学と時事問題)、足切りを逃れたこと。

【最後に一言】
もっと早めに対策をすべきだったと思いました。
しかし、TACのおかげで、効率良く合格を勝ち取ることができました。

0 件のコメント:

コメントを投稿