2016年9月16日金曜日

国立大学法人(東北大学)採用者


TAC 教養型市役所本科生 Y.O.さん(25歳) 
合格:国立大学法人(東北大学・民間企業等経験者対象)
内定:国立大学法人(東北大学・民間企業等経験者対象)




【面接・集団討論など二次・三次対策】
・集団討論+個別面接+小論(二次)
個別面接は、島野先生と練習しました(マンツーマン)。
・プレゼンテーション+役員面接(三次)
プレゼン発表と、役員面接も、島野先生と練習しました(マンツーマン)。


島野先生の面接をしておけば、どのような質問でも答えられると思います。
役員面接は、軽い圧迫面接でしたが、島野先生との練習を思い出しながら耐えました。




【今回の最終合格・内定の決め手】
面接練習では、注意点だけでなく、たくさん励ましの言葉をいただいたので、最後まで前向きに対策ができました。
情報収集はとても大切ですが、収集には限界があるので、本番は自分の言葉で、働きたい意思を伝えました。




【TAC徳島校の良かったところ】
1. 面接、勉強や試験について等、先生がていねいに相談に乗ってくれる。
2. 論文の添削を何度でもしてもらえる(郵送)。アドバイスを書いてもらえるので、何をどう直すべきか参考になる。
3. DVDで、苦手な分野も復習しやすい。




【TACでおすすめの勉強方法や教材、効果的な学習法】
V問題集を解く。
論文は添削してもらえるので、何度も書くことをおすすめします。
受験地が徳島以外だと、不安なことが多々ありますが、TACの先生を信じれば大丈夫でした。




【TACを選んだ理由】
ホームページを見て、合格者がたくさん出ていることを知り、また通学がしやすかったため。




【学習期間や一日の学習時間と筆記試験対策】
独自採用だったので、試験は6月半ばに終わりました。
2月に前職を退職して、約4か月間でした。
一日8時間~10時間、週6日間。




【これから受験される方へアドバイス】
受験中は終わりが見えず苦しいですが、息抜きになることを見つけたり、実際に働いている人と話す機会をつくったりすると良いと思います。
時々、TACの合格体験記を読み直し、勉強法を確認したりもしました(ネット・サーフィンよりも信頼できると思ったので)。




【この合格体験記のタイトル】
納得するまでやり抜く




【受験動機】
結婚を機に、相手方の住んでいる県へ移住することになったため。
(相手方の住んでいる県、地方には、縁もゆかりもありません。)




【最後に一言】
縁もゆかりもない土地での受験は、たぶん一人きりではとてもじゃありませんが、乗り切れませんでした。
いつも丁寧に対応してくださった先生方、スタッフの皆様、ありがとうございました。

滋賀県警察官A(男性)内定者

TAC警察官消防官総合本科生 
林 宏紀さん(21歳)

合格:滋賀県警察官A(男性)、大阪府警察官A(男性)
内定:滋賀県警察官A(男性)




【TAC徳島校の良かったところ】
1. 面接練習が良かった
2. DVD視聴のスケジュールが自分で決められて効率的に行えた


【面接・集団討論など二次・三次対策】
TACでの面接練習の前に答え方を自分で何度もシュミレーションして、面接練習に臨みました。


【今回の最終合格・内定の決め手】
対策をしっかり行えたこと


【TACを選んだ理由】
知人の紹介


【TACでおすすめの勉強方法や教材】
模試の解説は問題を照らし合わせて、しっかり復習しました。
空いた時間にテキストを読んで暗記しました。


【学習期間や一日の学習時間と筆記試験対策】
一か月前はわからないところを重点的に勉強しました。
暗記科目は空いている時間を利用して勉強しました。


【受験動機】
自分に向いている職業を考えた時に、真面目な性格と体力を生かせるのは警察官だと思い受験しました。


【これから受験される方へアドバイス】
対策をしっかりとして、受ける試験について調べることが大切だと思います。


【最後に一言】
利用できるものは何でも利用することがいいと思いました。
DVDを1回しか見ない科目があったので、何度でも無料視聴ができるのに利用した方が良かったと反省しています。








神奈川県Ⅰ種(行政)内定者

TAC 地方上級・国家一般職・トリプル本科生
阿部 亮介さん(23歳)  


合格:神奈川県Ⅰ種(行政)・国税専門官・国家一般職大卒程度(行政)
内定:神奈川県Ⅰ種(行政)




【面接・集団討論など二次・三次対策】
島野先生に面接対策をしていただきました。
先生に指摘していただいたことを改善し、会話を意識して面接に臨みました。




【今回の最終合格・内定の決め手】
自分の人柄や熱意の伝え方を、面接対策でご指導いただいたことです。




【TAC 徳島校の良かったところ】
1. 試験についてどんなことでも、先生に親身になって相談にのってもらえる
2. DVDでもわかりやすく、かつ素早く科目のインプットが行える
3. 自習室が静か




【学習期間や一日の学習時間と、筆記試験対策】
今年の3月~6月の後半まで、TACの開始時刻から終了時刻までのみ、勉強していました。
苦手だった科目は完全に捨て、その分他の科目でしっかり取れるような勉強方法だったため、毎日の勉強が苦に感じることなく、最後までやり遂げることができました。
論文対策はTACのレジュメを読んで、対策していました。




【TACでおすすめの勉強方法や教材、効果的な学習法】
DVDで大まかな全体像をつかみ、その後すぐ問題集を解くことで、記憶を定着させることが大切だと思います。




【受験動機】
各地域によって180度異なる魅力をもつ神奈川県の県政に携わりたいと思い、受験しました。
試験方式が、一次試験リセット方式だったことも動機の要因です。




【TACを選んだ理由】
授業の質が高く、わかりやすい講師の方がたくさんいる、と聞いていたからです。




【これから受験される方へアドバイス】
自分に一番合うやり方で、最後まで自分を信じてやり遂げれば合格できます。




【最後に一言】
大学時代にも受験しましたが、一次試験でさえ通過することが困難でした。
しかしTAC徳島校で勉強し、進め方などを島野先生に相談することで、効率よく対策ができ、今回の結果につながったと思います。

徳島県警察官 A(女性)内定者

https://2.bp.blogspot.com/-H60oCeIWc5E/VO8CZj2P2vI/AAAAAAAAAFM/qjVQ60FQaM4dj9w2YdLXmPG-IPrU6v0YgCPcB/s1600/%25E5%25A5%25B3%25E6%2580%25A7.gif

TAC 警察官消防官・入門付総合本科生
Y.I.
さん(22 歳)

合格:徳島県警察官 A(女性)
内定:徳島県警察官 A(女性

TAC 徳島校の良かったところ】
1.
 Webフォロー
2.
 面接練習

【今回の最終合格・内定の決め手】
Web
フォローと面接練習。

TACでおすすめの勉強方法や教材、効果的な学習方法】
Web
フォロー、V過去問集をひたすらやって、やり方を全部おぼえる。

【学習期間や一日の学習時間と、筆記試験対策】
1
か月前から、16時間以上。

【これから学習される方へアドバイス】
しっかり、毎日勉強をすること。
面接カードの提出期限が短いので、考えておいたらいいと思う。

【面接・集団討論など二次・三次対策】
圧迫ではないので、しっかりした返答が必要。
面接カードはきっちり、しっかり書く。

【受験動機】
中学生の時から、警察官にあこがれていたから。

【この合格体験記のタイトル】
努力する大切さ

TACを選んだ理由】
友達の紹介

【最後に一言】
こつこつ勉強することが一番だと思います。
後、面接は、落ち着くことが一番大切です。