2015年2月27日金曜日

加西市(かさいし)大卒程度(事務)内定者

TAC地方上級・国家2種・速修本科生C
松岡 龍太さん(22歳)

合格:加西市大卒程度(事務)※兵庫県
内定:加西市大卒程度(事務)

【今回の最終合格・内定の決め手】
受講を悩んでいるときに、講師の方に3カ月あれば充分合格できます、と声をかけて頂き、その言葉がきっかけで受講し、その言葉を信じ学習することができたので、合格できました。

【学習期間や一日の学習時間と、筆記試験対策】
約3ヵ月と期間が短く、仕事もしているので自宅でWeb講座を視聴し、30分ほど問題集を解くようにしていました。
自宅学習が苦手なので、長時間ではなく、短時間集中として、極力しんどくても毎日続けることです。

【TACを選んだ理由】
自宅から近くにあり、Web講座もあったため

【TAC徳島校の良かったところ】
1. 自宅学習で息が詰まったとき自習室で気持ちをリフレッシュし、学習に集中できたこと。
2. 面接練習で経験豊富な講師の方がアドバイスし、改善方法を教えてくれたので心強かったです。
【面接・集団討論など二次・三次対策】
一次で集団面接、二次で個人面接があり、一度面接の練習を行い、礼儀や心持ちを学び二次試験に臨みました。
緊張せず、言われた質問に対し、素直に自然体で答えることを考えて受験しました。

【TACの教材の中でお勧め】
Web講座の中では、数的処理の関野先生の講義そして、V問題集です。
本番でも出題数が非常に多いので得点源にしたいと思い、集中し一通り講義を受けました。
説明がとてもていねいでわかりやすかったので、一通りで大丈夫でしたが苦手部分は繰り返し視聴がおすすめです。
そして、難易度ごとに問題集を解き、自分の受ける範囲の難易度は絶対に解けるまで何度もやる。

【受験動機】
現在の職場が地元からは遠方にあり、転勤もある仕事なので将来を考え、地元の近くで転勤もなく、地域の為に働けることに魅力を感じ、受験しました。

【この合格体験記のタイトル】
マイペース

【これから受験される方へアドバイス】
自分は、週に1日か2日は勉強せずリフレッシュする日を作りました。
受かるかどうか不安にもなりましたが、そのお陰で途中で疲れてしまって投げ出すことなく、継続できました。

【最後に一言】
受講期間が短かったので余裕を持てませんでしたが、TACで受講し、合格できました。
ありがとうございました。

0 件のコメント:

コメントを投稿