2022年11月24日木曜日

徳島県大卒程度(学校事務)内定者

TAC地方上級・国家一般職 総合本科生

T.T.さん(27歳)

 

合格:徳島県大卒程度(学校事務)

内定:徳島県大卒程度(学校事務)

 

TAC徳島校の良かったところ】

1. 充実した手厚い面接対策

2. 島野先生の心強いサポートと、的確なアドバイス

3. スタッフの方の丁寧な対応

 

【面接・集団討論など二次・三次対策】

TACの面接対策に出席すれば、過去の先輩方の二次・三次資料をいただけて、更に島野先生がしっかりと対策してくださるので、本番でも自信を持って臨むことができました。

あとはイメージ・トレーニングをしたり、家族などに模擬面接をしてもらうのも良いと思います。また、深掘りするために、私は直前までマインド・マップをしていました。

 

TACを選んだ理由】

周囲の現役の公務員の方が、皆さんTAC徳島校の出身者だったことと、圧倒的な合格実績の多さに魅かれたからです。

 

【学習期間や一日の学習時間と、筆記試験対策】

仕事がある日は23時間、休みの日は58時間していました。

 

TACでお勧めの勉強方法や教材、効果的な学習法】

講義を受けてから、V問を繰り返し解くと良いと思います。

私は自宅から遠方に勤務していたので、通勤時間を利用して、V問を解いていました。

【受験動機】

親族が教員をしており、小さい頃から学校で働くことが夢でした。教員と迷ったこともありましたが、学校事務の方が自分の性格や長所をより活かせると思い、学校事務を選びました。

 

【これから受験される方へアドバイス】

公務員試験は地道な闘いになりますが、続けた努力は必ず報われる日が来ると、私は思います。最後まで諦めず、頑張ってください。

 

【この合格体験記のタイトル】

努力は必ず報われる

 

【今回の最終合格・内定の決め手】

第一志望だったので、志望動機も含め、しっかりと相手に自分の強い思いを伝えるように意識しました。

 

【最後に一言】

私は過去に公務員試験に落ちた経験があり、その度に島野先生を始め、色々な方に励まされて、前を向くことができました。

今回、内定がいただけたのも、決して私一人の力ではありません。

島野先生、TACのスタッフの方、家族、友人、職場の方などなど・・・支えてくれる人がいたから、合格することができました。その人たちへの感謝を、決して忘れないようにしたいと思います。

思うような結果が出なくても、諦めず、根気強く続けることで、努力が報われることを公務員試験を通して学ぶことができました。この粘り強さを糧に、これからの公務員人生を、精いっぱい頑張りたいと思います。

島野先生、TAC徳島校の皆さま、支えてくれた皆さま、本当にありがとうございました。

徳島県大卒程度(行政事務)採用者

TAC地方上級・国家一般職 入門付き総合本科生

K.M.さん(22歳)

 

合格:徳島県大卒程度(行政事務)・財務専門官・吉野川市上級行政(A方式)・国立大学法人(中国・四国地区事務)

採用:徳島県大卒程度(行政事務)

 

TAC徳島校の良かったところ】

1. 面接の復元シート

2. 講義ノートやV問題集

3. 自分のペースでオンライン形式でも学習できる

 

【今回の最終合格・内定の決め手】

絶対に公務員になるという意気込みと、あきらめない気持ち。

TAC徳島校の情報量のおかげで、面接は安心して臨むことができた。

 

【面接・集団討論など二次・三次対策】

一次合格後から取り組み、情報収集はHP等ネットから行った。

TAC以外の面接練習はスマホで撮影しながら行ったり、家族に練習相手になってもらったりした。

面接カードや徳島校復元シートから、質問されそうなことは想定して回答を考えた。

 

【学習期間や一日の学習時間と、筆記試験対策】

3年生の5月下旬に受講開始

68月は一日3時間程度、時間がある時に。

912月 一日57時間

直前期は平均10時間以上は学習

 

TACでお勧めの勉強方法や教材、効果的な学習法】

数処と英語・現代文は、毎日解いた。

講義動画は1.21.5倍速で視聴し、暗記系の科目は2回程往復した。

一日に3科目ぐらい学習し、基本的には教材の講義ノートで暗記→V問を解く、をひたすら繰り返した。

個人的には、捨て科目を作ることも一つの手だと思う。私は数学・物理・刑法・世界史などは、ほとんど触れていない。

 

TACを選んだ理由】

オンラインでも受講でき、自分のペースで効率的に学習できると思ったから。

 

【受験動機】

徳島県のさらなる発展に貢献したいと思ったから。

 

【この合格体験記のタイトル】

粘りの一年

 

【これから受験される方へアドバイス】

長い道のりで、精神的にきつくなることがたくさんあると思います。

特に筆記は、自分との戦い。どれぐらい自分にムチが打てるかだと思います。私はついスマホを触ってしまわないよう、物理的に遠ざけたりしました。

また、模試は受けた方がいいです。私は模試の成績が悪くて、逆により追い込むことができました。

 

【最後に一言】

ネガティブなことは考えず、ただひたすら前を向いて、必死にがんばりました。

何度もくじけそうになる時もありましたが、将来公務員になっている自分を想像して乗り越えてきました。

今の私があるのも、周りの人たちやTACの皆様のおかげです。本当にありがとうございました。

徳島県大卒程度(学校事務)最終合格者

TAC地方上級・国家一般職 総合本科生

匿名希望さん(24歳)

 

合格:徳島県大卒程度(学校事務)

最終合格:徳島県大卒程度(学校事務)

 

TAC徳島校の良かったところ】

1. 相談や質問等ができる環境

2. Webフォローによる、自宅や出先での受講が可能

3. 面接練習による、二次および三次の情報量

 

【面接・集団討論など二次・三次対策】

l  過去の二次・三次面接をまとめた徳島校復元シートを参考に、質問内容をあらかじめ、ある程度予想し、回答を用意する。

l  応答内容や仕草などは島野先生が指導してくださるため、面接練習までに自己分析を整えると、不意の質問でもスムーズに応えられる。

 

TACを選んだ理由】

l  大卒程度の合格実績が多数あったこと

l  面接練習を複数実施していただけること

 

【これから受験される方へアドバイス】

l  一次はメリハリが大事。得意と苦手を明確にしておくと、配分が上手くいく。

l  二次は情報戦だが、過去の面接内容をTACなら知れるため、自己分析をしっかりしておく。徳島校面接練習は、全日程参加推奨。

 

【学習期間や一日の学習時間と、筆記試験対策】

10月~4月:一日34時間、講義中心

4月~直前期(6月):一日78時間、復習中心

TACでお勧めの勉強方法や教材、効果的な学習法】

l  得意科目は正答率の低い問題でも解けるように、苦手科目は基礎のみ、理解するのに時間を要する科目は捨て科目、とメリハリをつけた。

l  受験先にもよるが、基礎固めと復習が大事。V問を2周し、間違えた問題をピックアップして解いていく。

 

【受験動機】

親族の教員から、学校事務の話を聞いて。

 

【この合格体験記のタイトル】

ゼロからの挑戦

 

【今回の最終合格・内定の決め手】

飽き性を乗り越え、コツコツできたこと。

 

【最後に一言】

初めは、やるぞ!と思いました。

そのうち、ムリかも、と思いました。

しかし、やれるところまでやろう、と変わりました。

そして、やり切りました。

2022年11月16日水曜日

🎅Go To TAC キャンペーン🎄 今だけもれなく特典の「5,000円分のe-GIFT」プレゼント🎁TAC徳島校に来校⇒申込でおトクにはじめよう! 

Go To TACキャンペーン期間】

20221114()2023131()

【特典】

  • 5,000円分のe-GIFT(アマゾンギフト券等からお選びいただけます)
  • 入会金免除券(10,000円分)

 

〈対象者・ご利用方法〉

期間中にTAC徳島校にご来校いただき、下記の条件を満たした方が対象となります。

 

STEP TAC徳島校で受講相談など各種イベントに参加

  • 「入会金免除券(10,000円分)」と「特典利用案内 」をGet

まずTAC徳島校で開催される、個別受講相談・講座説明会(ガイダンス)・体験入学・セミナーなど各種イベントにご参加ください。

 

STEP2 お申込み

  • 電子マネー「5,000円分」をプレゼント!

支払総額30,000円以上の講座お申込み(同日中の申込分は合算可)後に、Amazon・楽天・上島珈琲から選べる電子マネー5,000円分を差し上げます。

来校時に渡された特典利用案内を参照のうえ、期日までにWebアンケートフォームから利用申請をしてください。

 

    通学・通信いずれのコースも対象となります。

    各種割引(生協・書店・株主優待等)との併用も可能です。

    Webアンケートフォームの回答期限は202327日(火)までです。

    本キャンペーンはお1人様1回限りの適用とさせていただきます。

 

🎅 GoToTACキャンペーン PDF 

https://www.accst.jp/pdf/index/GOTOTAC.pdf

 

🎄 Webで簡単TAC徳島校来校申込

https://accst.jp/order/form.php

 

問合 TAC徳島校 088-653-3588

2022年10月27日木曜日

徳島県大卒程度(学校事務)内定者

 

TAC地方上級・国家一般職 総合本科生

Y.K.さん(28歳)

 

合格:徳島県大卒程度(学校事務)・国家一般職(行政四国)

内定:徳島県大卒程度(学校事務)

 

TAC徳島校の良かったところ】

1. 面接対策に強いところ。復元シートで過去に訊かれた質問を知ることができたので、対策が立てやすかった。

2. 担任講師の先生が経験に基づいて、一人一人に的確なアドバイスをしてくれるところ。

3. 本番のレベルに近いV問題集と、Webフォローでも授業が可能なところ。

 

TACを選んだ理由】

理数系が大の苦手で、数的処理が解けず、公務員試験をあきらめていた。

そんな私でも、絶対突破できる!と受講相談で言ってくれたことから、TACを信じてみようと思った。

徳島校は面接対策が充実しているところに、魅力を感じた。

 

【これから受験される方へアドバイス】

短期集中で筆記対策される方は、最低3か月は時間を取るべきだと思います。

今回私が、2か月月で通過したのは、運が良かったことや前職で民法を勉強していたことが大きいと思います。

「あと1か月あったら・・・」と何回も思ったので、3か月は必要だと思いました。

 

【学習期間や一日の学習時間と、筆記試験対策】

3月まで働いており、4月半ば~6月半ばの、実質2か月の超短期集中だった。

私はとにかく理数系が全く解けないので、2ヶ月はほぼ専門試験の勉強しかしなかった。

憲法、民法、行政法、政治学、行政学、社会政策、時事で満点が取れるように、一日1012時間程度勉強した。

 

TACでお勧めの勉強方法や教材、効果的な学習法】

[講義を視聴→V問を解く→再度V問を解く]を、憲法、民法、行政法、政治学、行政学の科目で実践した。時間が無かったので、社会政策と時事はV問だけ2回解いた。

政治学、社会政策、時事の暗記系科目は、暗記量が多いので、直前に再度詰め込んだ。TAC会員ページ(Webスクール)の「今月の時事」コーナーを読んでおくと、とても良いと思う(その中から、本番で何問か出たので)。

 

【面接・集団討論など二次・三次対策】

TACの模擬面接に参加し、練習をした。

徳島校面接復元シートを参考に、想定質問の回答を準備した。

自宅でも面接練習を行い、スマホで録画し、話し方や表情、回答内容をチェックした。

 

【受験動機】

結婚を機に前職を退職し、今後の仕事を考えた時に、将来的に育児と両立しやすく、安定して長く働くことができるのは公務員だと考えた。

 

【この合格体験記のタイトル】

粘り勝ち、短期集中

 

【今回の最終合格・内定の決め手】

粘り強く、最後まであきらめなかったこと。

筆記試験はとにかく時間が無かった上、計画通りに進まない日もあり、もうダメだ・・・と何度も思ったが「試験日まであと〇〇日あるから、最後までやる!」と粘ったことが良かったと思う。

 

【最後に一言】

徳島県の大卒程度学校事務は、一次試験から最終(三次)面接までの期間が他の試験区分よりも長く、精神的にきつい時もありましたが、最後まで折れずに頑張って良かったです。

もっと早く、TC徳島校に出会っていればよかったのに・・・と思いました。

今までありがとうございました。

2022年10月24日月曜日

~「11~12月 面接対策のお知らせ」 TAC徳島校 22合格目標 通学本科生受講生の皆様へ ~

TAC徳島校の北側にある、徳島中央公園の野外彫刻展を、紅葉が美しく彩る時節になって参りました。さて昨日・一昨日と、今年最後の大卒程度公務員試験になる、松茂町と徳島市民病院の一次試験、お疲れ様でした。いよいよ後は、結果を待つばかりですね。

TAC徳島校では、受講期限10/31(月)後でも、10月以降D日程実施試験の面接対策を、今年も三次面接対策まで本番を忠実に再現して実施して参ります。年末までの日程は、添付をご覧ください。一緒にTACの仲間と共に、最終合格を勝ち取れるよう、2022年も最後の最後までがんばりましょう!

 

【注意事項】

「合格者はすぐに面接対策および模擬面接に、必ずお電話や窓口で公務員講座担任・島野まで合格報告をされ(伝言で可)、予約した上でお越しください。」

過去の復元シートなどの徳島校面接資料は、合格報告があった方の人数分だけ作成しております。また、コロナ対策で大教室にて人数制限し、面接対策は実施しております。

面接対策の対象者;各試験の一次または二次「合格者」で、かつ今年の「2022年度」合格目標で、「徳島校」「通学本科生」の方のみとなります。

各試験種の二次面接の練習は2日間設定しております。各回完結型で同じ内容なので、本番の日程に間に合うようであれば、いずれかの模擬面接に出席していただければ大丈夫です。

徳島市は、今年一次合格者の皆様の都合により、先に皆様の都合をお伺いして、11/12(土)に最終仕上げの形を取っています。

合格された試験の数だけ、受け放題で各授業に出席していただけます。その都度、合格のご報告、お待ちしております。また、各自治体の昨年の本番を忠実に再現して面接対策は実施するので、各授業ごとに内容や面接カードなどの配布資料は異なります。

特に必要があると思われる方には、特訓回を設置して、練習回数を増やしております。こうした場合も、すべて面接対策は無料で実施しております。

各授業の後には、その都度皆様から、よろずご自身の面接について、時間の許す限り質疑応答のコーナーを設けております。なお面接カード添削も、模擬面接時およびその後に、一人一人の書類を丁寧に拝見いたしております。

添付の日程を持ちまして、受講期限後実施の2022年度合格目標の面接対策は、終了となります。今年もお疲れさまでした。

 

皆様の吉報をお待ちしております!!

2022年10月14日金曜日

国立大学法人(中国・四国地区 図書職員)内定者

TAC地方上級・国家一般職 総合本科生

髙橋 辰弥さん(22歳)

 

合格:国立大学法人(中国・四国地区 図書職員)・徳島県大卒程度(学校事務)

内定:国立大学法人(中国・四国地区 図書職員)

 

TAC徳島校の良かったところ】

1. (質・量ともに)豊富な面接対策

2. 不安を潰す、先生の的確なアドバイス

3. 優しく丁寧な徳島校スタッフの皆様

 

TACを選んだ理由】

      圧倒的な合格実績

      校舎が徳島にあり、先生の体面による授業が可能

      良質な教材、充実した面接対策、経験豊富な先生と揃っている

 

【今回の最終合格・内定の決め手】

一次・二次試験は、地道に努力を積めたこと。

最終試験(面接)は、充実した面接対策と覚悟。

 

【面接・集団討論など二次・三次対策】

〇 二次試験(司書専門試験)

 対策のベースは、普段の司書資格講義をしっかりと聞き、復習し、頭に入れておくことです。その上で「司書もん123[第二版]」や、統一試験HPにある事務系(図書)第二次試験(専門試験)案内」から、過去問をダウンロードして解いておくと良いです。

〇 最終試験(面接)

 島野先生が、徹底的に面接対策をしてくださるので、自分はそれで十分でした。

あとは、本番のイメトレ、深堀り対策、受験先の研究を行うと良いと思います(本番でかなり助けられました)。

 

【学習期間や一日の学習時間と、一次試験対策】

学習期間は3年生の7月から約12か月でした。

7月~1月]毎日23時間 [2月~7月(直前)]毎日45時間

 

TACでお勧めの勉強方法や教材、効果的な学習法】

講義の後にすぐV問を解くことを繰り返すだけで、基本的に大丈夫です。特にV問の頻出度・難易度の、どちらかにAが付く問題を落とさないよう、基礎固めをすることが何より大事です。

また、模試や演習は自分の弱点を知り、その対策ができるチャンスかつ総復習ができるので、うまく活用できれば合格にぐっと近づけると思います。

 

【受験動機】

中学生の頃の図書館職場体験から、司書の仕事をしたいと思っていました。

今回、岡山大学を選んだのは、徳島から近く、大学の理念や岡山県自体が大変魅力的だと感じたためです。

 

【この合格体験記のタイトル】

自分を信じて進め

 

【これから受験される方へアドバイス】

公務員試験は長く、孤独で苦しいです。

ですが、地道に努力すれば、必ず実ります。

もし、迷ってしまっても、TACには頼れる先生方、スタッフの皆様がいます。また、あなたの友人や親、ゼミの先生に恋人・・・と、たくさんの人が支えてくれています。

一歩一歩丁寧に、自分を信じて進みましょう。あなたなら絶対に合格できます。

 

【最後に一言】

公務員試験を終えて私ほど優柔不断な人はいないな・・・と感じています。と言うのも、勉強が嫌になって民間への就職を考えたり、かと思いきや公務員に、やはりなりたいと勉強に戻ったり、と周囲に多大なる迷惑をお掛けしたことを深く反省しています。

ですが、紆余曲折を経て晴れて司書に就くことができたのは、その「紆余曲折」が何より大切であったと、振り返った今、実感しています。

これから受験される方へ、ぜひ自分の望みを叶えるために野心を燃やして頑張ってください。応援しています!